©2019 佐野晃子事務所 All Rights Rserved

アモーレ中野

人と人とのつながりを

      大切にする街づくり

​中野区議会議員選挙落選のお詫びとご挨拶

 この度、中野区議会議員選挙におきまして、たくさんの方からご支援、ご協力をいただいたにも関わらず落選してしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。応援してくださった皆様、大変申し訳ありませんでした。

 昨年10月に父が引退を決断してから急遽私が出馬を決断したわけですが、時間がない中でたくさんの方々に助けて頂きまして、今回の選挙を終えることができました

 結果は次点という非常に残念な結果になってしまいましたが、私としましては非常に得難い経験をさせて頂いたと思っております。

 最後になりましたが、私を支えてくれたスタッフの方々、いつも応援してくださった地域の方々に、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 はじめまして、佐野晃子(さのあきこ)と申します。

 中野に生まれ、中野に育ち、愛する中野のために、私にもできることがないか、いつも考えています。

 イタリアでの海外生活の経験を通して、最初は言葉も通じなかったところから、次第に地域になじみ、地域の人たちとつながっていくことで、地域の人と人とのつながりが大切であることを強く感じました。そして、自分の暮らす街の人たちの温かい言葉に何度も救われてきました。

 みなさんは人を救うとまではいかなくても、身近な人へのちょっとした声かけ、最近できていますか?

 小さなことでも積み重なれば大きな効果があります。

 だから少しでも声をかけ合える、人と人とのつながりのある街づくりを実現したいと思います。

 長年、父である中野区議会議員・佐野れいじの仕事ぶりをみてきました。父がやってきたこと、父がやろうとしてきたことを受け継ぎ、「つないでいく」責任があると強く考えてきます。